Opening Ceremony

賛否両論あるオリンピック東京大会。

 

何をするにしても反対意見はあるもので、満場一致という訳にはいかない。

 

◆◆◆

 

youtu.be

あの日、リオでのIOC総会の生中継を見ていた。

翌日、ユーミンのこの曲を頻繁に聞いていた。

猪瀬知事の描くTOKYOがどのようになるのか期待が大きかったのだ。

あの時の招致理念は全く消え失せ、利権が絡むものとなってしまった気がする。

 

◆◆◆

 

開会式。

開会宣言も含め決まりは多くある。

 主催者(IOC)は国家元首を貴賓席へ導く

 開催国の言語によるアルファベット順(日本の場合は五十音順)による選手行進

  (ただし、選手村に入村を許されないものは行進できない)

 選手宣誓時には左手をオリンピック旗に添える

 国家元首(日本は天皇陛下)による開会宣言

 鳩の放鳥  などなど

 

IOC会長の挨拶も3分以内と決められているけど……

 

それ以外の開催都市の芸術プログラムには注目がいくものだ。

 

◆◆

 

オープニングのアスリートの苦悩、延期になった経緯、その表現は素晴らしかったと思う。

2020年の幕開け。そして世界中がいきなりシャットダウンする表現。

まぁ、シンプルに手短にという方向性に変わったからこうなったのだろう。

それはそれでその時代の表現だから。

 

中盤のタップダンスとか真矢みき氏のパフォーマンスは中途半端だよね。

五つの輪を描かなければならない中で、TOKYOの伝統を持ってきたのは解るけど、パッとしなかった感じがする。

 

選手入場の音楽はFFやドラクエゲーム音楽。みんな勇者だもんね。

プラカードのまんがの吹き出しも話題になったよね。

でも、これがクールジャパンなんだなぁと思う反面、

16リオ閉会式の東京ショーから繋がっている解任辞任劇の監督群には残念だ。

 

youtu.be

 

大会4日前に聖火リレー走者に抜擢された子供たちが実は大物選手の辞退の結果とか、

出場国をデザインした着物の展示がBANされたとか、

来年の北京よりもドローンを先に使おうとか、

開会式についてまでも直前まで辞任解任劇が繰り返され、支離滅裂となったが、

吾が唯一評価するのはピクトグラムのパントマイム。

 

youtu.be

 

 

が~まるちょばとGABEZ(ガベジ)の方なのですが、

個人的に4分10秒辺りのパフォーマンス(エスカレーター)が登場してくれて嬉しいのです。

まぁ、さすがの電通演出って感じですけど。

 

この延期と無観客と言う中で北京のようなマスゲームは無理なのは解るし、語弊はあるが、日本には世界を席巻する選手がいないのも事実。

だから中途半端で印象が薄いセレモニーになってしまったのだろう。

 

しかし、開会式は国立競技場のど真ん中でパントマイムされても見えないし、花火の演出も観客席からは全容が見えない。

映像主体となってしまった今は、やはりテレビで見るのがいいのかもしれない。

Rude ①

youtu.be

 

その単語は単体では翻訳が難しい。

前後の文脈により「不作法な、失礼な、無礼な、不作法で、失礼で、無礼で、未加工の、生(なま)の、未完成の、粗製の」といった意味に化ける。

 

 

吾はね

 テレビをあまり見ないんだ。

   何故かって?  心が汚れるから。

 新聞を全く読まないんだ。

   何故かって?  手が汚れるから。

 ナニが好きなの?

   そうだなぁ、インターネットで動画をさがしているよ。

 

今では直接電波のテレビジョンやラジオは、衰退するメディアになっている。一方的な思想情報押しつけは顕在だが、エンタメではなくなり、公共放送も発射電波削減に動いている事象からも分る。

そこから隆盛したネットメディアのYOUTUBE

気軽さからアウトプットメディアに化けたが、実は某フットボールのジャネットジャクソンのハーフタイムショーでのピアスおっぱいポロリ(事件)をもう一度見たいという、下心満載の学生が開発したメディアが発祥という事は知られていない。

 

◆◆

 

シリコンバレーで希望に満ちて、こういうデバイスやソフトを開発したいと眼を輝かせていた奴らが形にして、それを売買していた頃の数年後。

頑張ってモンブランのボールペンを買って来て、慣れない日本的なワイシャツを着てスポンサー確保のプレゼンに向かった彼が今では愛おしい。

 

 

日本はそれを米国市場から奪い、低価格で大量生産をして経済成長を成し遂げたが、後に南朝鮮とASIAにその座を譲る。

吾はそういう世界にいたんだなぁ。パッカード氏とヒューレット氏が登録社名を決める時、ダイスの目によって(ヒューレッドパッカードが正式名称になった)の起業した会社はマイコンからパソコンを造り上げたんだよね。

それを踏まえてジョブズはすげぇんだよ。あるトランジスタ研究所の開発技術を自らの手で商品化した。それはハードであったが、後にソフトへも食指を広めてね。

その後は彼の映画と某大学の答辞をご覧いただきたい。

 

T大学の入学式の差別とは違う人生論もあるんですよね。

第三の話は吾の四国遍路に繋がり。

 

youtu.be

 

吾は彼の偉業を讃え、PC除きアップル信者である。

 

◆◆◆

 

そのメディアを巧みに駆使している元TVディレクターがいる。

彼が「その人の心を引き出す」話術はすげぇなと思う。だから見てしまう。

最近は特に刺激的で、その人の負のオーラがヤバくて、閲覧強制終了することも多くなった。

ネガティブな話は無いんだけれど、このまま聞くと彼/彼女らの負の心のオブラートな言葉が怖くてね。

 

 

そんなハード製作の立場に(過去ではあるが所属して)いて、

それを駆使する奴らによって、破綻した吾の人生が救われたんだなってエンジニアとしては幸に思う。

Go,Tokyo.

 いよいよ始まる。

 

開催反論意見を多く聞くが、それは観客主意が多く〈選手生命〉を一切考えていないエゴイストと思う。

オリンピックは開催が約束されているものであり、それに焦点を合わせる選手が全て。

先進国ではそれぞれの競技大会、ワールドカップというような大会で名声をあげることもできるだろう。しかしオリンピックという競技大会しか参加権”が”ない途上国の選手を切り捨てている事実を”おまえ”は知らない。

 

◆◆◆

 

五輪金メダルで生涯が保証される国家もある。

 

64年大会で日本が手にしたメダルは、開催国ゆえのIOCの配慮である。

選手の実力の否定ではなく、努力した故に勝ち取ったそれである。時差や渡航せずに得た称号。選手は日の丸を確かに背負っていた。

 

◆◆◆

 

2016と2020大会招致活動に衛星参加していたが、選手の心は大きかった。

更に98冬季長野大会への開催準備で様々に関わったこともあり、その後の施設メンテナンスも携わった関係で、今でも提供継続している。

 

◆◆◆

 

市民の言う中止の本心は何か?

 

結局、自身に感染する恐怖だけじゃん。

 

それにも増して感染対策をする実行委員の労力。

尋常じゃないぜ。

 

◆◆◆

 

言いたいことは多くあるけど、中止と言っていた奴が

突如無観客開催とか言いはじめたもんでムカついたんだよね。

 

酒が絡む世界は怪しいよね。

信用しても簡単に裏切るじゃん。

人生よりも吾の主観を捻じ曲げられたから

殺したい奴の筆頭になった。

 

それがオチ。

 

 

Go,Tokyo.

 いよいよ始まる。

 

開催反論意見を多く聞くが、それは観客主意が多く〈選手生命〉を一切考えていないエゴイストと思う。

オリンピックは開催が約束されているものであり、それに焦点を合わせる選手が全て。

先進国ではそれぞれの競技大会、ワールドカップというような大会で名声をあげることもできるだろう。しかしオリンピックという競技大会しか参加権”が”ない途上国の選手を切り捨てている事実を”おまえ”は知らない。

 

◆◆◆

 

五輪金メダルで生涯が保証される国家もある。

 

64年大会で日本が手にしたメダルは、開催国ゆえのIOCの配慮である。

選手の実力の否定ではなく、努力した故に勝ち取ったそれである。時差や渡航せずに得た称号。選手は日の丸を確かに背負っていた。

 

◆◆◆

 

2016と2020大会招致活動に衛星参加していたが、選手の心は大きかった。

更に98冬季長野大会への開催準備で様々に関わったこともあり、その後の施設メンテナンスも携わった関係で、今でも提供継続している。

 

◆◆◆

 

市民の言う中止の本心は何か?

 

結局、自身に感染する恐怖だけじゃん。

 

それにも増して感染対策をする実行委員の労力。

尋常じゃないぜ。

 

◆◆◆

 

言いたいことは多くあるけど、中止と言っていた奴が

突如無観客開催とか言いはじめたもんでムカついたんだよね。

 

酒が絡む世界は怪しいよね。

信用しても簡単に裏切るじゃん。

人生よりも吾の主観を捻じ曲げられたから

殺したい奴の筆頭になった。

 

それがオチ。

 

 

TOKYO2020は再び試金石にされた

lineblog.me

 

2020年11月に関連話題を書いた。

 

2020年3月、聖火リレー出走直前に〈集団免疫を獲得する1年のタイムラグ〉を2008リオ閉会式の”マリオ”はIOCに提案して了承を得た。

 

椎名林檎氏の演出は素敵だが。

youtu.be

確かにワクチン無しで、米国やEU諸国の感染者と日本はケタ違いにある。

国民総保険なので最悪死亡しても恩給のシステムはないが、医療費が多額免除される場合が多い。

そしてワクチン接種も一足遅れたが全般的には急速に進んでいる。

 

◆◆◆

 

この567禍の中で、世界的にも超清潔な東京で強硬開催する意味は何か。

 

例えば全国あらゆる水道の蛇口をひねると出てくる上水。日本は原則的に学校含め公共の場では何もせずに飲める。駅の手洗い場の水道でさえも飲める品質なのだ。

スーパー銭湯などで「この水は飲めません」という表示が時折あるが、それは上水ではなく経費節減のため地下水くみ上げで飲用承認申請をしていないだけの話だ。

 

そういう清潔さと現金遺失物さえ手元に戻る社会的民意の信用度。

先進国の中で日常「チップの文化が無い」日本だからこそ「お・も・て・な・し」でき”た”のであれば、以後IOCにとって招致都市の幅が広がるという事だ。

 

youtu.be

更にTOKYO2020オリンピック・パラリンピック終了約半年後には北京で冬季五輪が開幕する。

大陸の赤い国は自国開催五輪を強引に成功させるであろう。

何故ならば世界初の夏季&冬季開催”都市”(≒首都)になるからだ。

蛇足、夏季冬季初開催会場と言えば長野県軽井沢町になる。

64東京(馬術)、98長野(カーリング)の会場となったのだ。

 

◆◆

 

大陸の赤い国はパンデミック中でも開催できると策略する。

その実績を東京大会/IOCに求めている。東京大会と違い人海戦術で可能にする。

その反面、東京で開催中にサイレントなバイオテロを実施してパンデミックさせ、北京ではより安全な大会ができますよと言うアピールをするかもしれない。

そして自ら発した細菌戦争に自ら終止符を打つような卑劣な手段を使うだろう。

例えば東京大会でばらまいたウイルスに効果のある速攻ワクチンはRPC製オンリーとか。

 

◆◆◆

 

武漢肺炎と当初言われたがこれは開発段階の生物兵器であり、

ワクチン開発以前に漏洩したものという疑念は払拭されない。

そもそもそういう細菌を研究所で扱うという事が辻褄合わない。

この野生動物抽出細菌が何に効力を発揮するというのか。

まあ、タナボタ戦勝国常任理事国とはいえ、発展途上国の大部分は貧しいから

民が野生動物を食さなければ腹が満たされないのはたやすく容易できるが。

戦時中の三桁数字の極秘部隊は似ている何をしたのかは追求しないけど。

 

蛇足だが、かつて岡山に存在したとても技術力がある化学系企業が計画倒産させられたのは勿体ないと思っている。

トレハロースで伸びた社。その研究所では後天性免疫不全症候群(≒HIV系)のウィルス研究もしていた。

しかしそういうところをdeleteするいじめが日本社会やお家騒動も含め散見されるよね。

 

 

我が祖国日本は大東亜戦争(≒太平洋戦争)によってアジア諸国に侵略した事実はある(が、戦後混乱期も欧州の長い植民地支配から先住民と一緒に戦い解放/独立の補助をしたという事実もある)。

その頃の日本と全く変わらないアジア進出~世界征服を狙った『大東亜共栄圏』を、赤い大陸が『一路一帯』という名のもと現在進行形と思うんだよね。

日本は敗戦国だし無条件降伏したから不条理な条件をのみ何も言えない立場だけど、それを赤い大陸は反面教師にしているよね。

 

 

その中でIOCの動きを注視している。

赤い大陸は「国民の数が多ければ米国に台頭できる」という単純な人海戦術頭脳しかないので、経済上昇の高頭脳者の集積するインドを潰せという意味からそこに変異株をばらまいたという噂は本当か嘘か。

インドは算術系のエンジニアがとても多いのだ。

 

◆◆◆

◆◆◆

 

マスコミは色々報道するが、旧組織委員会の森会長はコネクションばかりで有終の美を飾りたがり、後任の代議士辞職の五輪選手経験者は突如の就任で単なるスピーカーで本領発揮できていない。

 

招致に携わったトップの描いたTOKYO2020への道とその後の健康都市。

それは招致した都知事を都議会が罷免した時から絵に描いた餅になり、どれだけ都市の確保予算ではなく国家予算まで食いつぶすことができるのかと言うチキンレースになった。

グリーンモンスターは石原知事時代に蓄えた内部保留を初期に大盤振る舞い、第一波でばらまいて既に欠乏。国からの助成補助金のない唯一の都市なのでどこにも申請できない。

東京都の資金源とした新銀行東京は解体され第二地銀へ身売り。だから支援金の支給も滞る(と考える)。

まぁ東京都民が選んだボスだし、それに文句言う吾も都民もおかしな話だけどね。日本は議会制民主主義だから選挙さえ行かない民が文句言うのは言語道断。

 

◆◆◆

 

支離滅裂だが、

運営も含めてTOKYO2020の開催とその後の行方を見守りたい。

youtu.be

 

 

環境破壊と言われたISO14001ブーム時期の長野五輪

その一部始終ほとんど知っているから。全てのスタッフにメアド与えられネットワーク化された初の大会。

サーバーの設置は閉店したスーパーマーケットのワンフロアを極秘に使ったが、当時のPCはブラウン管だからよくオーバーヒートしたよね。

でも今ではいい思い出なんだ。

 

◆◆◆

 

いま、この大会を成功させなければ西側諸国として敗北に値する。

東側諸国(大陸の赤い国)は来年公式報告書に記載できない問題は誤差範囲として切捨処分するだろう。

そういうマスゴミが報道しない反面もあることを知らない人は多い。

SEPIA

イカスミの墨を使ったインク色をセピアと言うらしい。

黒と茶の間の美しい色。

 

モノクロの写真が色あせてきた色もセピアというと聞いた。

 

ペンとインクを使い、あえてセピアインクでボンドペーパー(タイピング用紙)に

恋文をしたためていた頃が懐かしい。

youtu.be

吾の中で一世風靡セピアという楽曲軍団はセンセーショナルであった。

柳葉敏郎氏や哀川翔氏が所属していた。

渋谷公園通りで演舞しながら徐々に頭角を現しメジャーデビューをする。

 

バブル前夜、ズートスーツで舞う彼らに惚れたね。

そこから様々に発展していった。

 

吾は時代の最先端を行く彼らを追いかけた。

メジャーになってからはCDを聞くだけになったが。

だって先着順のチケットぴあでは公演チケット取れなかったから。

 

★★★

 

彼らには少し人生が重なる。

「前略、道の上より」は今でも鑑みるものである。

 

♫波が続くように 時の刻みもまた続く

風も吹き止まぬ 時の刻みも打ち止まぬ

やれこれと返す事のべの中で 何が生きていく 証なんだろうか♫

 

それはWORLD ORDERに引き継がれているというか

模倣されブラッシュアップしているのかもしれない。

youtu.be

 

★★★

 

代表権を持ち、業界任意団体(当時)の一分掌を持つ吾はリーマンショックを起点にあらゆるものが崩壊していった。

そしてトドメは「二番じゃいけないんでしょうか?」の業務仕分けであった。

解雇はせずと思い、時短(雇用調整助成金等の申請)を行いやるべきことを最大限にしたつもりだったが、結局は創業者の意向に沿えなく、あっけなく左遷、そして解雇。

まぁ、スムーズにM&Aできる土壌(品質9Kと環境14KのISO取得)を造った吾を評価せよと思うけど、それは金食い虫だったから言わないよ。

 

いま、飲食店の方々が同じ苦悩にいることはものすごく解る。

製造業がリーマンショックで苦しんだ過去と同じじゃん。

だから色々協力はしたいけどね。 

看板後にふっと一息つける茶菓子を持って行くけどさ。

 

★★★

 

www.nicovideo.jp

 

そしてこれ。

一世風靡セピア解散間際の上梓だったと思うんだ。

 

経験というものなんだろうね。

その意味/理解が今の吾の心にぴったり。

 

★★★

 

仲の良い屋号で吾を知る者は、下流の石のように丸くなったねと言う。

更に一堂に言うのは笑顔が増えたねって。

転職して大卒給与と同じリーマンでもストレス無い職場は天職かもしれない。

 

★★★

 

”どうにか こうにか 辿り着き

ここでもうひと盛り”

 

 

8 HOTEL~サウナが好きだ/後編

金曜6:00pmタイムカードを打刻して退社。帰路とは逆方向の電車に乗る。
 f:id:furaibo72:20210615181002j:image

横浜乗換、今は湘南新宿ラインもしくは上野東京ラインと案内される東海道線下りに乗車。たった30分だがグリーン車の2階席左側に座る。それが非日常と言う休暇への誘(いざな)いだ。

f:id:furaibo72:20210615181403j:image

30分で檸檬堂ホームランサイズを平らげるけど、実質夕食。

f:id:furaibo72:20210615181433j:image

茅ヶ崎下車徒歩5分程度でそこに到着する。

f:id:furaibo72:20210615181500j:image

第一印象は大陸横断ハイウェー/ルート66の終点サンタモニカのモーテル。Bed&Breakfastの簡素な宿+α。

 

◆◆◆


とののえ親方がプロデュースするサウナがあると言うことでやってきた。

ととのえ親方はコラボレーションや持込企画、期間限定や会員制やパーソナルも多くあり取捨択一しているだろうが、統一して『窓』と解放感が特徴だ。

f:id:furaibo72:20210615181539j:image

 それは吾のイメージするリゾートと一致するのである。温度は真逆だけれど。 

バブル時代のユーミンとスキーブーム。吾も香港俳優のレオン=ライ(←当時憧れ/お互いに破綻前)と同じランクル100に乗って毎週の如くスキーに行っていた。

東急や西武などの大手デベロッパーリゾートの大きなピクチャーウインドウを隔てて外気温マイナスの世界と目の前の大きなマントルピース。

背伸びして隣席の人々と深夜、慣れない濃いお酒を舐めていた。

それがリゾートの概念であった。

 

 

そんな記憶が一気に甦ってきたんだ、サウナ室で。

『ここ、まぢにリゾートじゃん』

茅ヶ崎だからSoなんだけど、近隣で言えば大磯プリンスホテルや閉店した平塚のグリーンサウナなどメガキャリアとは違う、正に西海岸サンタモニカの雰囲気のサウナであった。

  

サンタモニカには休暇で数度行った事がある。LAXからは近いのだ。

最後に滞在したのはLAS~LAX~NRTが国内線UAの機材トラブルで遅延してNRT行きに乗れなく、一泊ステイ決定になった時。

 


旅の相方と共に、旅行代理店の用意した空港内高級ホテルではなくサンタモニカの宿を要求し、クラスは低いですけど?と構わず承知してタクシーを30分飛ばした。

有名モール至近のささやかなモーテルで無料延泊を楽しんだのであるが、そのホテルと似ていたのである。

B&Bのその宿。男ふたりなのでシングル二室を与えられ、街を闊歩。アバクロやホリスターを旅の最後に爆買いし、さざ波が聞こえるレストランでワインを抜栓できないスパニッシュ系の彼女にソムリエナイフのインストラクションをしたりして一夜を楽しんだ。

その時買ったダンガリーシャツカッターシャツはお互いに今でも愛用している。

発想の転換ができるから楽しく旅ができる友なんだ。帰国便に乗れないと嘆くよりも明日には乗れるから、今夜はエキストラで楽しもうっていう感じがいいじゃん。

 

◆◆◆

 

8 HOTELの中庭には大きなプールがある。東京のフィンランド大使館と等価交換した地にかつて存在した建築家黒川紀章氏設計の六本木プリンスホテルを彷彿とさせる。

f:id:furaibo72:20210615181619j:image 
 サウナはあるが水風呂は無い。だからプールなのだろうが、季節柄そこそこ冷えていてそれはそれでいい。

サウナーは水風呂の温度に対してこだわりが強く16℃では満足できずそれ以下を求める方が多い。しかしここはプールであり、閉塞された浴室ではない。サウナ室を出ればホテルの中庭で超開放的な天然風の流れる屋外なのである。

フィンランドのサウナは水風呂が無く、天然の水場(湖沼など)があるだけで外気浴を楽しむのが主流。

 

ここではサウナ室を出たらレインシャワーを浴びてプールにドボンできるのである。

そしてプールサイドでチル(ひとやすみ)。

レインシャワーも温度が刻々と表示されそれも面白い。

f:id:furaibo72:20210615181700j:image 
客室には使い捨てスリッパがあるが、レンタルでビーサンがあった。

サウナとプール、考えたけど迷わずレンタルした。水場に使い捨てスリッパは似合わない。

 

蛇足、ビーサンといえば葉山のげんべい。

今のアパレル系○げ(まるげ)を立ち上げたのは高校の同じ機械科の後輩であるN氏、超カッコいい紳士のラガーマンである。当時のビー部主将は吾と同じクラスの文武両道O氏で、生徒時代の両者は吾はよく知っている。

f:id:furaibo72:20210615181738j:image

余談、推薦入学のB部落ちこぼれのY氏はレギュラーになれず苦労人だった。あまり仲良しではないが、機械実習など、ことある事に補助していた。

定期テストで基本科目は約束して出席番号と名前だけ無記名にして時間ぎりぎりに答案用紙を交換したこともあったかなぁ。

早弁・睡眠学習の彼にはノートのコピーも渡したけど……翻って赤点補習常連の吾。もう時効だよね、それはそれで楽しかった甘酸っぱい青春。

○げは京都の一澤帆布のような御家騒動があったかどうかは知らないが、婿養子入りしたN氏はある日突然げんべいから離脱し東京・蔵前で独立した。

 

∴○げはN氏の創始であるので、彼の手を離れても好きなブランドだ。

 


 

8 HOTELでは宿泊プランで「飲み放題プラン」があった。お酒大好き♪なのでそれを予約。

f:id:furaibo72:20210615181813j:image
f:id:furaibo72:20210615181810j:image

宿泊中は全てのドリンク飲み放題。もちろんオロポ(オロナミンCポカリスエット)も作れるラインナップ。途中外出して駅前コンビニでつまみを調達。

まぁ相当飲んだけどマンボー(まん延防止等重点措置)発出時期なのでプールサイドでの飲酒はNGで客室でということであった。

f:id:furaibo72:20210615181843j:image

クラフトビールはいくつかあったけど、これが好きだった。

f:id:furaibo72:20210615182216j:image

冷たいシュワシュワするお酒が好きで、客室持込は2本までというのを守り、空き瓶をカウンターに返して追加を持って行く。もちろんビーサンで。 

 f:id:furaibo72:20210615181902j:image
ジェネリックカールを二つ買ってきたけど一袋は余ってしまって、そのまま客室に残すと遺失物に化けるので、チェックアウト時にフロントの若人に「みなさんで休憩時間にどうぞ」と渡した。 

でもね、チェックアウトして門を出る時「ご馳走様です。よい一日を!」と声をかけてくれた瞬間、あぁホスピタリティあふれるリゾートだなぁって感じたんだ。

 

◆◆◆

 

実はこの滞在は旅の相方には声をかけず単独行であった。

国家資格(医師)を持つ旅の相方には久しくあっていない。吾が567無症状者であるかもしれない不安からだ。

1年前はマスクや頚椎性神経根症を発病した時に鎮痛剤を送ってくれたが、やはり風来坊の吾は距離を置かざるを得ない。

 


 ◇

 


極論だけどサウナーの配偶者は「サウナなんて」と言う方々は多いと聞く。

この現状が落ち着いたら、ぜひ夫婦水入らずでこのホテルに宿泊してサウナを体感してほしいと思う。

ロウリュし放題だし、水着着用なので。

 

 

翌土曜朝に共に楽しんだサウナ~は2組のアベック(フランス風)だった。

タオルの熱波は無かったのだが、ゆずの柑橘系オイルは爽やかだったよ。

f:id:furaibo72:20210615181959j:image

ただ、その時2組のアベック、女性は上下セパレートのビキニ、男性はステテコ丈の水着。

吾は痴女丈の水着(≒ラガーマンの丈)で少し場違いだった。


サウナって全身に熱を浴びて発汗して水風呂に入って「ふぅ~」っていう瞬間が好きなんよ。 

こういう施設だとできる限り熱を吸収したいから露出最大限の水着でGoじゃん。フィンランドビレッジではそれがスタンダードだったよ。 

 


◆◆◆

 

自然発生的マニアックなサウナコミュニティからは距離を置いているが、サウナ大使が心を寄せるととのえ親方のサウナを体感して、ネクストジェネレーションに向かうサウナの方向性を少し思ったのである。 

f:id:furaibo72:20210615182144j:image

サウナから出てレインシャワー浴びて、バスローブ羽織ってガゼホにあるようなハンモックチェアでCAVAを味わえるのは素敵じゃない?

そしてアメリカンブレックファストではなくホットドッグの朝食。

f:id:furaibo72:20210615182035j:image

サウナで発汗した後はガッツリ食べたい。その欲望を叶えてくれる朝食だった。



最後に解せないのは、ととのえ親方が自らプロデュースしたサウナを自らの評価で賞を与えていること。

f:id:furaibo72:20210615182110j:image
基準を知らないし誰がどう評価しているのか不明なので権威あるものかどうかも分からないものなのですが。

とはいえ、閉塞され息が詰まるような日常が続く中でほんの一瞬ですが開放的になれたのです。


やっぱりサウナが好きだ。
週末は何処のサウナに行こうかな。